2018/08/15 ~ 2018/08/20|

武雄焼 「秋彩展」

武雄焼 「秋彩展」

武雄のやきもの『武雄焼』は、文録・慶長の役の時、武雄領主に同行した陶工たちによって焼き始められました。

現在、市内には90数ヶ所の窯元があり、土味を生かした茶系統の「陶器」と白く輝く「磁器」とに大別され、『武雄焼』にはその両方があります。

それぞれの窯元では、伝統的な技法を生かしながら、個性を尊重し、多様な作品が生み出されています。

20180613110902-0001.jpg

イベント 武雄焼 「秋彩展」

会 期   平成30年8月15日(水)~8月20日(月)

      10:00~18:00(最終日は17:00閉場)


    ■深海宗伝没400年記念公演「武雄焼の陶祖 深海宗伝について」

      解説者: 九州陶磁文化館 館長 鈴田由紀夫

      日 時: 8月18日(土)14:00~ 本館6階ギャラリーにて

    ■深海宗伝没400年記念品 限定120個限定販売

    ■印花文マイお皿作り体験(1,000円) 

      ※随時実施中(最終日はなし)


参加窯元  小山路窯・亀翁窯・康雲窯・宸山窯・東馬窯・七ツ枝窯

会 場   佐賀玉屋 本館6階ギャラリー・催事場

      (佐賀市中の小路2-5)

       電話 0952-24-1151