2019/03/23 ~ 2019/03/23|

京都屋奉納 岩戸神楽 

能面で踊る、国指定重要無形民俗文化財「岩戸神楽」、京都屋にて奉納します。

20190216142559-0001.jpg

【岩戸神楽の由来】

福岡県筑紫郡那珂川町にある伏見神社は、神宮皇宮の姉(あるいは)妹である淀姫命(よどひめのみこと)をお祭りするお社で、毎年7月14日に行われる祇園祭りで奉納される「岩戸神楽」の舞台として有名になっています。能面を神楽に用いる伝統行事は、総計18番からなり、特に「荒神」という鬼が子どもをさらう舞では、その鬼に抱かれると無病息災のご利益があることから、近年では子ども連れの参拝客で賑わっています。


日時   平成31年3月23日(土)

演目  「乱御先神楽 盆神楽 四人剣神楽(予定)」

     国指定重要無形民俗文化財 豊前市大村神楽講

開演時間 19:00

入場料  無料

場所   武雄温泉 大正浪漫の宿 京都屋

     公式サイトはこちら

     (佐賀県武雄市武雄町武雄7266-7)

電話   0954-23-2171

FAX   0954-23-2176