2019/03/02 ~ 2019/04/07|

武雄市図書館・歴史資料館 企画展「広渡家」

 絵師の系譜をたどる

 広渡家は、戦国時代に武雄領主であった後藤家信のころから、代々武雄の御用絵師を務めた家です。

 広渡家からは、様々な絵師が生まれました。後に佐賀本藩に召し抱えられた広渡雪山、朝廷から認められ、優れた絵師に与えられる「法橋」の称号を授けられた広渡心海(法橋心海)、広渡家の養子となり、武雄領主鍋島茂義に絵を教えるなど広渡家を再興した広渡心海(心海良寛)、心海良寛の子で、山水花鳥を得意とした広渡三舟などです。

 特に、広渡雪山・法橋心海は、後の世でも「京摂ニモ知ラレタリ」(柴田花守『画学南北弁』)と評価されており、文化の中心地である京都や大阪でも広く知られた絵師だったことがわかります。

 本展覧会では、初公開の新収蔵品を中心に、武雄に残る広渡家の絵師たちの作品を紹介します。  

20190216142605-0001.jpg

広渡家 

会期   平成31年3月2日(土)~4月7日(日)

開館時間 (日~木)9:00~18:00 (金・土)9:00~21:00

      ※会期中無休

会場   武雄市図書館・歴史資料館 蘭学・企画展示室

     (佐賀県武雄市武雄町大字武雄5304-1)

観覧料  無料

お問合せ 武雄市図書館・歴史資料館 電話 0954-28-9105

主催   武雄市図書館・歴史資料館

後援   佐賀新聞社/読売新聞西部本社/毎日新聞社/朝日新聞社/西日本新聞社/NHK佐賀放送局/サガテレビ/

     NBCラジオ佐賀/株式会社ケーブルワン/株式会社テレビ九州/有田ケーブル・ネットワーク株式会社


ギャラリートーク 14:00~(30分程度)企画担当者

         3月3日(日)・3月23日(土)


20190216142611-0001.jpg