イベント 2017/05/07

平成29年度企画展 いのちを祝う 「端午の節句」

端午の節句とは・・・

端午の節句は、無病息災を願う宮廷行事に始りました。

鎌倉時代、武家社会では厄除けの「菖蒲(しょうぶ)」を「尚武(しょうぶ)」にかけ、菖蒲の葉を「剣」に見立て

男児の節句となりました。

現代の5月5月は、子どもたちの健やかな成長と健康を願う日です。

20170423143218-0001.jpg

みどころ

今回の企画展では、生まれてきた「いのち」を喜び、祝う気持ちがこめられた色鮮やかな幟や素朴な土人形など、江戸時代から昭和時代までの資料を展示します。

ギャラリートーク

日時:平成29年5月5日(金祝)・5月21日(日)

   いずれも午後1時30分~

出演:宮原俊恵氏(工房わらべ)・宮原香苗氏(元佐賀県立博物館・美術館学芸員)

会期:平成29年4月29日(土)~5月28日(日) 

   会期中無休

   入場料無料

時間:午前9時~午後6時

   ※4月29日(土)~5月6日(土)・12日(金)・13日(土)・19日(金)・20日(土)・26日(金)・27日(土)は午後9時まで開館

    

会場:武雄市図書館・歴史資料館(蘭学・企画展示室)

問合せ:電話 0954-28-9105