イベント 2017/12/26

初公開!「生誕150年 横山大観展」 ~明治維新150年~

日本画という概念は、明治維新後の西洋画の発展の中で生まれました。

その日本画を語るうえで欠かせない朦朧体の創始者。

陽光美術館所蔵の横山大観の作品の数々を初公開!

20171219103802-0001.jpg

生誕150年 横山大観展

【会期】 平成30年1月1日(月) ~ 5月31日(木)

【時間】 午前9時~午後5時まで

【入館料】 一般600円 高大生500円 中学生以下無料 

     ※団体割引15名以上

     慧洲園共通入場料:一般1,000円 高大生800円 中学生以下無料

     ※団体割引15名以上

【会場】 公益財団法人 陽光美術館

     武雄市武雄町武雄4075-3

【休館日】 毎週水曜日  ※4月・5月は無休

【主催】 公益財団法人 陽光美術館

     電話 0954-20-1187

【後援】 武 雄 市

◇本展の見どころ◇

● 明治維新150年という観点から、日本画を見つめるテーマ展。

● 陽光美術館所蔵の、横山大観を中心とした日本画を初公開。

● 横山大観の他、木村武山、橋本関雪の作品も同時に展示。

( 展示作品数  横山大観10点、木村武山 2点、橋本関雪 1点  計 13点 )

●「桃花紅観音瓶」「飛青磁」等、中国陶磁の名品も併せて展示。

陽光美術館「横山大観展」特設ページはこちら