おしらせ 2018/04/07

深海宗伝没後400年記念 特別記念品を販売します

400年以上の歴史をもつ武雄の焼き物
武雄の焼き物の祖といわれる「深海宗伝-ふかうみそうでん-」は豊臣秀吉が朝鮮に出兵した折に連れ帰った陶工の中の一人でした。
陶工たちは各地に散り 宗伝は武雄市武内町で焼き物をはじめたと言われています。それ以降、武雄の窯元たちは彼らが伝えた技術を礎として伝統を守り技を磨いてきました。

平成30年は宗伝が没して400年目にあたります。
その記念すべき節目の年に、
沢山の人に知って欲しい。 どうにかして形あるものにしたい。
そんな窯元たちの思いでつくりました。
深海宗伝没後400年記念の器
売上金は、記念碑建立の為に使います。
どうぞ皆さまのお力をお貸しください。

※通常ではお買い求めできない期間限定の特別価格のため、在庫がなくなり次第終了します。


おちょこ 600円(通常価格1,000円以上の商品)
フリーカップ 1,000円(通常価格1,300~3,000円の商品)

124.jpg

【取扱い店舗】
 JR武雄温泉駅観光案内所・まちなか案内所「がばい」・武雄温泉物産館等
 詳しくはこちら → http://www.takeo-kk.net/ishin/kanpai.html

【窯元】

アトリエ夢・つつえ窯・東馬窯・壮明窯・星野窯・宸山窯・綿島康浩陶工房・七ツ枝窯・亀翁窯・汲古窯・葉月窯・康雲窯

【お問合せ】
一般財団法人 武雄市観光協会
℡0954-23-7766