おしらせ 2019/03/15

「楼門干支見学会」 好評につき、2019年4月1日より期間延長となりました! 

 「楼門干支見学会」は、「武雄で朝活」の中のおすすめ体験プログラムです。

 朝1時間だけの限定公開となっております。

2014.4.9.jpg

 国重要文化財である武雄温泉楼門の天井には、「酉(とり)」、「子(ね)」、「卯(う)」、「午(うま)」の四干支の彫絵が存在しています。

 残りの八干支は、東京駅の天井にレリーフとして存在しており、明治・大正時代を代表する建築家 辰野金吾博士(佐賀県唐津出身)が仕掛けた粋なミステリーと注目を集めています。

 「楼門干支見学会」は、観光ボランティアガイドの解説付きです。

四干支合成.jpg

「楼門干支見学会」

◆期 間  2019年4月1日(月)~2020年3月30日(月)

      ※毎週火曜日は除く。

◆時 間  午前9時~午前10時まで(受付は9時30分まで) 

      ※1回あたり約20分

◆場 所  武雄温泉楼門(佐賀県武雄市武雄町大字武雄7425番地)

◆見学料  大人400円、子ども200円 

      ※文化財保護協力費として(入浴付き)

◇お読みください◇

・必ず、入浴前にご見学ください。(見学に入浴券が必要なため。入浴はしなくても可。)

・大衆浴場受付前の発売機で「入浴券」をご購入の上、見学受付係員にご提示ください。(「楼門亭休憩券」でも見学可。招待券、優待券は不可。)

(鷺乃湯は大人600円、子ども300円です。)

・見学後の「入浴券」は、1年間有効です。(払戻しはできません。)

・既に「入浴券」をご購入済みの方は、見学受付係員にご提示ください。

(いずれも「見学済」の検印スタンプを押印します。)

・「入浴券」購入後は順にお並びください。その後は、2階へご案内いたします。

・事故防止のため、1回あたりの人員は20名程度といたします。(見学時間は約15~20分間)

・見学時は、禁煙、飲食禁止、飲酒者の立入り禁止といたします。

・階段が急ですので、上り下りには充分お気をつけください。(万一の場合でも、責任は一切負いません。)

・傘、杖類は持ち込みできません。(傘立てをご利用ください。)

※上記事項をお守りいただけない方、指示を守れない方は見学をお断りいたします。