武雄温泉楼門

武雄温泉楼門
温泉の入口に立つ朱塗りの楼門は、竜宮城を連想させる鮮やかな色彩と形で、天平式楼門と呼ばれ、釘を一本も使っていない独創的な建築物です。
東京駅を設計した『辰野金吾』の設計で、大正4年(1915年)4月12日に完成しました。
平成17年に国の重要文化財に指定されています。平成25年には保存修理が行われ、建造当時の朱色が復元されました。
また、二階天井の四隅には子(ねずみ)、卯(うさぎ)、午(うま)、酉(とり)の彫り絵があり、これは干支(えと)の十二支の内の4つで、方角でいえば「東西南北」にあたります。
一方で、2012年に復原された東京駅南北ドームの天井には、巳(ヘビ)や辰(たつ)など8つの干支のㇾリーフがあり、「なぜ、8つだけだったのか」、長い間、謎とされていましたが、楼門の4つの干支と東京駅の8つの干支を合わせると十二支が揃うことがわかり、話題になっています。
住所 〒843-0022 武雄市武雄町武雄7425番地    
電話番号 0954-23-2001
ホームページ
営業時間
その他情報

「武雄温泉しあわせの朝」(朝活)プログラム

◆楼門干支見学会

《見学時間》9:00~10:00(受付9:30まで)

《料金》大人400円 子ども200円

※元湯入浴券付き(文化財保護協力費として)

《実施日》毎週火曜日を除く毎日

《体験時間》20分程度

《公開期間》平成31年3月31日(日)まで期間延長となりました。

   

 

備考

 

  • 武雄温泉楼門
  • 武雄温泉楼門